かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

マウントする女。

f:id:bunta1004:20180526234953j:plain

同じ部署の女性社員が一人退職することになり、

その人の代わりと言ってはなんだけれども、

同じグループ会社からの出向という形で、別の女性(30代独身)が入ってきた。

 

単純に代わりと言えないのは、

新しい彼女はこの業務の経験が全くないからなんだよな。

 

資格も無いし、知識も無く、一から教えていかなければいけないような状況だから。

辞めていく女性社員はベテランの係長クラスだったので、

この穴は実はとても大きいね。

 

ただでさえ人が少ない状況で、

新しい社員、しかもほかの会社からの出向の人間に業務を教えてくのは

正直言って負担が大きすぎると思う。

 

同じ部署でも、僕の担当している業務とは違うので、

実質その業務の担当者は1人になってしまったようなものなんだよな。

 

まあ、その話は置いといて、

その新人さんが入ってきた初日。

同じ部署の例の女性社員がやってくれました。笑

bunta1004.hatenablog.com

手作りのパウンドケーキ持ってきたんだよね。

 

もともとお菓子作りが好きな彼女ではあるけれど、

初日からマウント取ってくるとはなぁ、、とちょっと呆れてしまった。

 

気が強くて、仕事も早い。頭の回転が速いから、

会社にとっては有益な存在なんだけれども、とにかく気分屋で扱いづらい。

 

そして、とても天邪鬼な性格である。

 

メンバーの中で一番、

お菓子作りが上手なのは自分なのよっ!

っていうアピールがしつこい。笑

 

そして、

私が誰よりもみんなの中心なのよっ!

っていうアピールが過ぎるんだよね。

 

別にそういうことするのは構わないけれども、何事もやりすぎは良くないでしょう。

 

新しく入ってきた彼女は部署の女性陣の中では一番年下。

だから、多少そういう目にあってしまうのはしょうがないのかもしれないね。

 

けれども、その新人の彼女自身は結構、タフな感じ?

なので、割とうまくやっていけるのかな?なんて思ってたりするけれど。笑

 

まあ、表面上はうまくやってる風を出すのが女性社会の怖いところなので、

実際のところどうなんだろうって感じだけどね。

 

とりあえず、これでもかってぐらいのマウンティングを見てしまい、

なんだかうんざりしてしまったというお話でした。