かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

お局に物申す。

f:id:bunta1004:20180923015156j:plain

なんだろう、会社について思うこと。

 

この会社、中小企業にありがちなワンマン企業なんだけど、

やっぱりワンマン経営ってのは良くないと思う。

 

トップが強すぎると、それに歯向かう人間は左遷されたり、降格や、クビだったりとかで、上層部の有能な人間はどんどんいなくなっていく。

だから、ワンマン社長の周りには、基本的にはイエスマンしかいなくなるんだよね。

 

そのイエスマンも、社長が有能ならまだいいのだけど、現場みてない社長の意見で進もうとするから、やっぱりそれを軌道修正できる人材が必要なんだよな。

 

そういうのをできる人がどんどんいなくなって、上層部がすっからかんになってくるのが、今の僕のいる会社の現状。

 

脳みそがからっぽの人たちが、ただぼーっと海を眺めているだけで、かじ取りをする人間が誰も居ない。

 

うちの社長はもう、社長を退いて、後継者(といっても無能な親族)に継がせようとしてるんだけど、ワンマンやってた人間がいなくなろうとしたって、周りにはもう頭からっぽのイエスマンしかおらんのだから、うまくいくわけないよね。

 

今の上層部は、本当におしゃべり好き。

会議と称して、くだらないことまでみんなで相談しあって、そして仕事をした気になっている。

毎日の直行直帰は当たり前だし、部下の仕事に基本的には興味を持たない。

 

それでいて、いざとなれば自分は責任放棄をしようとするのだから、本当にたちが悪い。

 

でもって、言いたかったことは、どんどんお局が強くなってるよって話。笑

 

その上司が無能で、なんにも監督しないから、平社員の中の長が本当にでかい顔をし始める。

このお局は、すごく仕事ができるから、無能上司は歯が立たないんだよね。

最近は本当に好き勝手し始めて、ちょっとついていけない。

 

平社員が好き勝手し始めたら、もう会社は終わりだと思う。

 

 

 

笑顔がクシャっとする感じの顔って。

笑った時に、目が細くなって、

目じりにしわができる感じの笑顔ってあるじゃないですか。

 

ああいうのってすごくいいなあって最近すごく思うのです。

 

何を見てそう思ったかと言えば、ぐるナイゴチになりますに出てた、俳優の田中圭を見て思った。

AERA STYLE MAGAZINE (アエラスタイルマガジン) Vol.40【表紙:田中圭】 [雑誌] (AERA増刊)

 

今はやりのおっさんずラブ見てたわけでもないんだけど、

田中圭って、なかなかいい男だなあと、改めて思った。

 

もともと、童顔が結構な好みなんだけど、田中圭みたいなさわやかな割に、なかなかの男前で、少しおっちょこちょいで、ちょっぴりセクシーで笑顔のかわいい、そこそこのイケメンって手が届きそうで、届かなくてすごくもどかしいのだけど、そういうとこがすごくいいんだと思う。

(って自分で書いてて、ワケわかめなんだけど笑)

 

正統派イケメンはもちろんいいに決まってるのだけど、

なんとなくその辺にいそうでいない感じの、なんだかちょうどいいイケメンって感じ。

 

一体、自分が何目線で語ってるのかわからんのだけど、

すごくいいよね、そういうのって。

 

そういえば、自分がこれまで好きになった男って、

なんだかんだで塩顔っていうか、目がパッチリしてるってよりは、

ちょっと細い感じ、うーん、細いというか、やっぱり笑うと目がなくなっちゃう感じの顔が多かったかもしれない。

 

目が細くなって、目じりにしわができる。

 

これってすごく魅力的だと、あらためて思うのだよね。

 

ああ、なんだか恋がしたい。笑

眠くて、眠くて、どうしようもないので。

f:id:bunta1004:20180923011401j:plain

気が付けば、あっという間に夏が終わってちょっと焦っています。笑

 

なんだかんだで、9月も終わりに近づいて、そういえば、最近、記事書いてないなって思っている今日この頃。

 

最近はとにかく、日々が忙しくて、忙しい。

 

忙しいと言っても何が変わったわけでもなく、平日は不満だらけの会社に片道1時間半をかけて通勤し、そして帰ってきたら、食事やトレーニングをして、寝る。

 

週末は、ペットの世話や、買い出し、トレーニングをしたりする。

それの繰り返し。

 

でもって、平日の睡眠時間がとてもとても不足していて、どうにも耐えられなくなり、

遂に、こんなものを導入。

 

AllMax Nutrition - カフェイン 200 mg。100錠剤

AllMax Nutrition - カフェイン 200 mg。100錠剤

 

 

カフェインの錠剤。

 

平日は朝、起きたら、とりあえず一錠飲む。

 

なんとなくだけど、これまでよりも睡魔に耐えられるようになった気がするんだよね。

(プラシーボってのもあるかもしれないけれど)

 

夜はだいたい、0時半から1時の間にベッドイン。朝は5時半に起きて、朝食や身支度、そして6時半に家を出る生活。

 

基本的に、8時間ぐらいは寝ないとすっきりしない僕にとっては、平日の5時間睡眠というのはもう、不足しまくりなんだよな。

 

仕事中、特に午後の昼飯食べたあとは、これまでも眠気がしょっちゅう来てたけれども、ここ最近は、9時に仕事を開始してから、10時半ぐらいにすでに眠くなってしまうことがしばしば。笑

 

これではいけないと思い、しばらくは、午後になると職場でレッドブル飲む生活をしていたんだけど、決して安くないお財布事情と、職場の人たちの冷ややかな目線に耐えられなくなった。汗

 

 

使用してみて、たぶん、3週間ぐらいが経ったかな。

 

特に体に負担とかはない。

この錠剤、一錠で200mgのカフェインが入っているらしいのだけど、僕の場合は普段コーヒーをほぼ飲まないので、別にカフェイン取りすぎってこともないと思う。

(僕の今の体重だと、430mg/日ぐらいは摂取可能らしいので)

 

でも、平日の5日中、月曜、火曜あたりまでは良いのだけど、水曜ぐらいから、同じ睡眠時間を続けていると、午後の眠気が若干出るようになってくる感覚がある。

カフェインの効果って2日ぐらいしかもたないっていうのをどこかでみたことがあるけれど、本当にそうかもね。

 

あとは、これを使って平日を過ごすと、週末の疲れがやばい気がする。

反動なのか、なんなのかわからないけれど、金曜の夜とか、平気で12時間ぐらい寝てしまう。笑

 

なにはともあれ、これのおかげでなんとかなってます。

まあ、身体になんらかの変化が表れてしまったら、やめようかなって感じかなあ。

流される。

f:id:bunta1004:20180820004712j:plain

8月に入ってからというもの、毎日が忙しすぎて、

日々、時間との戦いになっています。汗

 

忙しいといっても、別に仕事のペースが変わったとかそういうわけではなくて、

日常の生活、主にトレーニングや、飼ってる動物の世話だとか、日々の食事、そういうのに追われてるというか。笑

 

時間は作ろうと思えば、作れるってよく言うけれど、

今は、時間を作って何とかやってるけれども、それでも精一杯って感じ。

 

何か新しいことを始めるならば、これまでの何か一つを捨てなきゃいけないって言葉がなんとなく身に染みるような毎日。

 

何か、捨てるのもがあるとすれば、今の自分からは、睡眠時間が失われている…?かなと思います。

 

どれもこれも、やりたいし、やらなければならないことだし。

睡眠だって本当はしなきゃいけないんだけど、どうしても時間がないんだよね。

 

きっと、そのうちどこかを変える必要があると思う。

 

というか、答えは見えてるんだけどね。

平日の3時間。3時間×5日=15時間 15時間×52週=676時間!

 

一年間でおよそ700時間近くを無にしている、通勤時間というものを何とかせねば…。

親には言えない。

f:id:bunta1004:20180729000018j:plain

実は、先週の金曜日から有休をもらい、土日を含めて約1週間、連休をいただいてる最中なのですが、土日の関東地方はなんと台風直撃。泣

 

去年の夏も、なんだかんだで夏休み中に悪天候に見舞われ、ロクな思い出が無かったりするのですが。笑

 

とりあえず台風が来る前の金曜日に、毎年恒例の地元の海へ行ってきました。

波が結構荒れていたので、サーファーはチラホラ…ってかんじだったかな。

 

海の家とかがバンバンあるエリアからは離れているので、割と過ごしやすくてお気に入りの場所だったりします。

 

ところで、こうなにもすることのない(予定のない)休暇ってのは、色々と考えてしまうんですよね。

 

最近、カミングアウトについて、また考えることがあって。

 

僕は地元の友達3人(とはいっても、今も地元にいるのは1人だけ)には打ち明けてあるんだけど、それ以上には広めてない。

 

現状、それ以上の人間に広めるつもりもないんだけど、

もしも打ち明けることができたら、もっともっと楽に生活ができるのかもしれないと

思うことは多々ある。

 

とはいえ、僕の場合は友達って言ったって、その3人ぐらいだし、打ち明けるとしたら、今の会社の同僚と、あとは親、かな。

 

会社の同僚なんて、辞めてしまえばそれまでなのだから、打ち明けてしまってもいいのかなとも思ったりもする。でも、所詮他人なのだから、適当にやり過ごしておけばいいとも思う。

 

そう考えていくと、最終的に悩むのはやっぱり、両親。

 

うちの両親はおそらく、僕に普通の男女がするような結婚を望んでると思う。

孫の顔も見たいし、今はその気がなくとも、いつかは結婚するはずっていう感じかな。

 

何というか、こういう感じが地味に辛い。笑

 

カミングアウトをすることで、傷つけることが分かっているのなら、

わざわざ親の期待を裏切りに行くことはしなくてもよいのでは?って思う。

 

このまま隠し通して(でもそのうち気が付くのだろうが)、淡い期待のままにしておくほうが、親のためかなって。

 

こればっかりは、きっと一生の課題になるのだろうね。

 

2018年上半期によく聞いてた曲5選!【J-POP】

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)

あっという間に、もう7月も半ばに差し掛かり、上半期がとっくに終わってしまいました。笑

というわけで、上半期に気に入ってよく聞いてた曲をいくつか、紹介したいと思います。

 

1.『アイラブユー』西野カナ

youtu.be

なんだかんだ言って、この手の曲を書かせたらピカイチだと思う。

恋をしたときのキラキラ感、思い悩む気持ち。そしてクスっと笑える歌詞。

ミディアムテンポの心地よいメロディーラインは秀逸。

そして、今作のウリはなんとサビも含めて全てがラップ調の歌詞。

って言われると、「確かにそうなってるね」と思うけど、

あえて言われなきゃ気が付かないようなポイントだと思った。

ていうか、今までもこんな感じじゃなかったですかって。笑

 

2.『春が来てぼくら』UNISON SQUARE GARDEN

youtu.be

彼らの曲は、これまで実は聞いたことが無かったけれど、今作は、iTunes Storeで何となく視聴してから、メロディが耳に残って。

ズンズン、盛り上がってく感じのメロディ。

単純と言えばその通りなんだけど、楽曲のテーマ通り、毎日がワクワクドキドキした青春の旅立ちを曲いっぱいで披露してくれる。

とにかくポップで、前向き、明るい、春を感じる楽曲となっている。

 

3.『ギュっと』Little Glee Monster

youtu.be

恋をしているときの、駆け引きって、難しい。

思ってもいないのに、体が勝手に動き出す、感情ではどうしようもない恋心を

女性コーラスグループならではの、軽快で美しい歌声に乗せて歌い上げる、傑作。

とても親しみやすいメロディー、分かりやすい歌詞。

明るい気持ちになれる、春にぴったりの楽曲。

 

4.『春風』家入レオ

youtu.be

前2曲が、出会いの春ならば、こちらは別れの春。

叶わぬ恋を思い続ける切ない気持ちを、心揺さぶるメロディーに乗せて、情感豊かに歌い上げる、家入レオならではの、失恋ソング。

一聴して耳に残るメロディーは、アルバムのリードナンバーにピッタリだった。

抜けるようなポップナンバーもよいが、この手のミディアムバラードもとても似合っている。

 

5.『Lemon』米津玄師

youtu.be

言わずと知れた、2018年ナンバーワンヒットナンバー。

ドラマ「アンナチュラル」主題歌として発売。例にもれず、ドラマのエンディングで耳にして虜になった。

この楽曲、メロディ、歌詞はもちろんのこと、ドラマを見ていれば、倍楽しめる作品となっている。

世界観はバッチリ。

その優しい歌声は、切ない楽曲に微かな希望を与えてくれるようだ。

 

上半期は、明るい楽曲を多く聞いていたように思う。

春や夏って、何となく前向きになりたい季節だから、自ずとそういう曲を選ぶのだと思う。

奇跡。

f:id:bunta1004:20180710000133j:plain

ここ最近、筋トレのモチベーションが高い。

 

食事制限を行って、減量を行ってみたり、はたまた、減量やめて増量モードに変更してみたり、筋トレの強度もこれまでより上げてみたり。新しい種目を追加してみたり。

 

減量と言いながら、体重は減らずに、現状維持。笑

 

でも、食事を見直したことで、なんとなくだけれども、体の変化を感じるようになった。

 

これまでの炭水化物でもなんでも、とにかく食べまくる増量をしていたときよりも、筋肉量の増加を感じてる。

 

それは、周りの誰かによる指摘だったり、筋トレメモを見直したときの扱える重量が伸びているという事実からも分かったりする。

 

あとは、とにかく汗かきになった。笑

 

基礎代謝の向上があったことも大きい。

 

目標とする身体にたどり着くまで、まだまだ時間がかかるけど、なんとなく、未来の野望がちらついている。

 

一つのことを、ずっと続けていけば、きっといいことがあると、当時、塾講師をしていたときに、とある生徒に言ったことがあったけれど、それって、あながち嘘じゃないなと思える。

 

途中、数か月休んだこともあったし、好きな種目しかやってなかった時期もあったけれど、初めて筋トレというものに意識が向いた時からおよそ6年間。

 

6年かけてこれ?って思われるような身体かもしれないけれども、自分の中では大きな進歩だと思ってる。

 

なにしろ、やせ型で食の細い自分が、20kg以上の増量ができたのだから、まさにそれは奇跡だと思ってる。

 

当時の自分には考えもつかないような未来だ。

 

数年後、今の自分に想像できないような新しい自分を手に入れて、昔の自分を見返せたら、きっともっともっと人生は楽しくなるはず。