かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

西内まりやがどうしても、惜しい。

 まりやまにあ

 

以前、こんな記事を書いたのだけど。

bunta1004.hatenablog.com

西内まりや、そういえば結局、アルバムを1枚も出さずにいなくなってしまったんだなぁと。

 

シングル自体は7枚リリースしていたわけで、もしかしたらアルバムリリースの予定なんかもあったんじゃないかな、なんて思いながら、

最近リリースされた鈴木愛理のファーストアルバムを聴いている。笑

youtu.be

アップフロント系のアーティストのアルバムを買ったのは初めて。

 

鈴木愛理という名前もほとんど聞いたことがなかった。

 

当然、℃-uteとして活躍してた頃のことも知りませんが、

このアルバムを聴いてる限り、ソロとしてのアーティスト性はあるように思う。

 

そこそこ歌えるし、結構踊れる。

ルックスは甘め、でもクールな雰囲気も出せる。

声は平凡だが、そこは歌唱でカバーできれば良いのでは。

 

どうして今回このアルバムを買ったのかと言えば、たまたま目にしたTVCMと、iTunesのランキングにこの作品が上がっていたから。

 

このアルバムの1曲目のPVをYoutubeで見たときに、なんとなく去年の今頃よく聞いていた、西内まりやのMotionを思い出したんだよな。

(あとは、ちょっとだけ玉置成実がでてきたり…。笑)

 

正直、西内まりやのファーストも聞いてみたかったなあと思う。

 

派手な噂ばかりがクローズアップされて、実際のところがどうなのかは全然わからないけれど、

いつか機会があれば、

ファーストアルバムくらいはリリースさせてあげたらいいんじゃないかなーなんて思ってます。笑

 

Do me a favor(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

Do me a favor(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

 

マウントする女。

f:id:bunta1004:20180526234953j:plain

同じ部署の女性社員が一人退職することになり、

その人の代わりと言ってはなんだけれども、

同じグループ会社からの出向という形で、別の女性(30代独身)が入ってきた。

 

単純に代わりと言えないのは、

新しい彼女はこの業務の経験が全くないからなんだよな。

 

資格も無いし、知識も無く、一から教えていかなければいけないような状況だから。

辞めていく女性社員はベテランの係長クラスだったので、

この穴は実はとても大きいね。

 

ただでさえ人が少ない状況で、

新しい社員、しかもほかの会社からの出向の人間に業務を教えてくのは

正直言って負担が大きすぎると思う。

 

同じ部署でも、僕の担当している業務とは違うので、

実質その業務の担当者は1人になってしまったようなものなんだよな。

 

まあ、その話は置いといて、

その新人さんが入ってきた初日。

同じ部署の例の女性社員がやってくれました。笑

bunta1004.hatenablog.com

手作りのパウンドケーキ持ってきたんだよね。

 

もともとお菓子作りが好きな彼女ではあるけれど、

初日からマウント取ってくるとはなぁ、、とちょっと呆れてしまった。

 

気が強くて、仕事も早い。頭の回転が速いから、

会社にとっては有益な存在なんだけれども、とにかく気分屋で扱いづらい。

 

そして、とても天邪鬼な性格である。

 

メンバーの中で一番、

お菓子作りが上手なのは自分なのよっ!

っていうアピールがしつこい。笑

 

そして、

私が誰よりもみんなの中心なのよっ!

っていうアピールが過ぎるんだよね。

 

別にそういうことするのは構わないけれども、何事もやりすぎは良くないでしょう。

 

新しく入ってきた彼女は部署の女性陣の中では一番年下。

だから、多少そういう目にあってしまうのはしょうがないのかもしれないね。

 

けれども、その新人の彼女自身は結構、タフな感じ?

なので、割とうまくやっていけるのかな?なんて思ってたりするけれど。笑

 

まあ、表面上はうまくやってる風を出すのが女性社会の怖いところなので、

実際のところどうなんだろうって感じだけどね。

 

とりあえず、これでもかってぐらいのマウンティングを見てしまい、

なんだかうんざりしてしまったというお話でした。

近況報告。

f:id:bunta1004:20180516222725j:plain

久々の更新となりましたが、その間、

色々なことがありました。

 

職場の同じ部署に新人が入ったりとか、同じ部署の人の退職日が迫ってきていたりとか、祖母の四十九日の法要があったりとか、

動物系イベントへ参加したりとか、減量が停滞気味とか…笑

 

さて、とりあえず、今週に入ってからというもの、すこぶる体調が悪い。

 

とにかくノドが痛むんだよね。

 

たぶん風邪ひいたのかなぁとは思っている。

 

ここ最近、かなり暑くなってきたこともあって夜寝ているときにものすごく寝汗をかくんだよな。

 

寝苦しくて、目を覚ましてしまい、寝不足気味になったりもする。

 

そうすると、勝手に布団をどこかへやってしまって、寝ぼけ眼で冷房のスイッチを入れたものの、タイマーにするの忘れて朝までガンガンとか、やってしまい…汗

 

夏風邪?にはまだ早いけれど、風邪ひいちゃってるので、今週は無理は禁物だな~。筋トレもっとやらねばならんのに…。

 

とりあえず今週の目標は、仕事が忙しい時期になってきましたので、それを乗り切ることかな~。

 

 

ご飯の量。

f:id:bunta1004:20180503082546j:plain

去年の冬から、今年の4月上旬ぐらいまでは増量中で、体重自体は目標としてた75kgに到達したので、そろそろ減量に入ろかなと思い、今現在は、絶賛減量中。

 

のはずだったんだけど、、

あれ?自分ってこんなに体重落ちないほうだったっけ?って笑

 

初めてから3週間ぐらい経って、やっと1kg減。

 

減量始めてからは、食べたものの栄養素を記録しながら食事をするようにしていて、タンパク質を多めに摂取できるようにしてるんだけど、

これをやり始めたら、普段の食事で、自分が如何に炭水化物取りすぎかってのがわかってきたんだよね。

 

ご飯なんて普段、自分が軽くお茶碗(っていってもどんぶりなんだけど)一杯だと思ってたものが、普通に重さにして400g近くあったりとか、それだけでもう600kcal超えちゃってるよ、、みたいなね。

 

なので、極力白米の量を減らしつつ、タンパク質摂取しつつって感じで進めてる。

まあ、もともとが少食なので、食べる量が減ってもべつに辛くもなく、むしろ無理して食べなきゃいけないほうが、辛かったので、むしろ身体はラクになってたりするけどね。

 

でもって、そんなことを言ってたら、もうすでに5月突入で、7月の夏本番まで2月ぐらいしかなくなってきてて、すごく焦る。

 

とりあえず、できるとこまで頑張ろうっていうスタンスだけれども。

その時。

f:id:bunta1004:20180422182111j:plain

しばらくぶりの更新になりました。

 

ここ数日、ブログを更新していなかったのは、単純に忙しかったから。

 

忙しいといっても、リアルが充実してたとかいう意味ではなくて、

一番大きな出来事としては、身内が亡くなったことかな。

 

祖母が亡くなりました。

 

ここ数か月は療養型の病院にいて、しばらく落ち着いていたんだけれども、やはり、その時は来てしまったね。

 

しばらく病院にいたこともあって、なかなか亡くなったという実感が湧いてこないんだよな。

 

本当に、突然、それでも苦しまずにスッと行ったようでよかったなぁと思う。

 

最後のお別れのときに、悲しみがこみ上げてきて、これまでの祖母との記憶がよみがえって、どうしようもなくなったけれど、残された私たちは前を向いて生きていかなきゃいけない。

 

あのとき、もっとおしゃべりしておけばよかったとか、もっといろんなところへ連れて行ってあげたらよかったとか、考えればキリがないほどの後悔はある。

けれども、本人は怒ったり泣いたりするより、とにかく笑顔の多い人だったから、特にそういうことは考えずに、むしろ残された私たちが今後の人生を笑顔で過ごすことが、一番の思いやりだと考えて、これからも生きていこうと思う。

 

今までたくさんの幸せをありがとう。

これからも頑張って生きていきます。

集中。

f:id:bunta1004:20180408233017j:plain

ここ最近、筋トレ熱が上がってきてる。

 

ブログをあまり更新しなかったのは、単純にネタがなかったからと、日常の中で他に集中すべきことがあって、手が付かなかったからだ。

 

きっと、夏が近づいてきてるのもあると思う。

 

薄着になる機会が増えると、これまで筋トレをやってきた甲斐ってものが、多少なりともはあるって感じだ。

 

あとは、インスタグラムなんかで、ボディビルやフィジークなんかに挑戦する人たちの投稿をよく見るようになったからってのもあるかな。

 

物事はなんでもそうなんだけど、上をみれば、きりがないね。

 

目指すべき目標は次から次へと現れる。

 

けれどもね、すごいなって思える存在が見つかると、俄然やる気も出るってもんなんだよね。

 

このモチベーションが一体いつまで続くかはわからないけれど、とりあえず目標は8月終わりまではこの調子でやっていきたいなあという願望。

 

そういえば、ここ最近暖かくなってきて、部屋着は半そでが多くなってきた。

一年ぶりに着る半そでTシャツがちょっとキツくなってくると、なんだかうれしいのは、きっと僕だけじゃないはず。笑

 

不愛想な美容師。

f:id:bunta1004:20180324141148j:plain

先日、初来店の美容院へ行くことを記事にしたけれど、

その美容院に行ってきた感想。

bunta1004.hatenablog.com

 

担当の美容師が、とにかく不愛想で驚いた。

 

こんなにひどい接客ってあるのって感じだ。

 

年は、20代後半から30前半て所かな。

ちょっとイカツイ見た目で、顔はイケメンだけれども、とても頑固そうだなという第一印象。

指名して予約はしたけれど、普通、初対面なんだから、

「初めまして」とか、「担当させていただく●●です」ぐらいあってもいいよね?笑

そういうのは何もなく、「はい、席へどうぞ」「よかったらこれ(アイパッドで雑誌)」だけ。

 

今日はどうしますかのカウンセリング時、いつも通り、スマホで調べたスタイルの写真を見せたのだけど、

まず第一声が、人の髪を触って

クセがありますよ

 

そりゃあ、天然パーマなんだから、クセぐらいあるけれども、別にパンチパーマなわけでもないし、むしろゆるいパーマを生かしてやってほしいぐらいなんだけど。

っていうか、メンズのショートスタイルなんだから、クセ毛でどうにもこうにもならないオーダーでもないでしょう。笑

 

そして、施術中。

不愛想すぎる接客に、あきれながらも、おとなしく見ていると、確かにカットの技術自体は悪くないんだよな。テキパキとやるわりに、細かい部分まで長さ調整などしているように見える。

 

カット終了後、鏡でスタイルの確認をしてきたときに、襟足が結構長めなままだったので、もうすこし短めにしてくださいと伝えたんだけれども、それは「奇抜になりすぎるので」という理由で却下。

 

え!?

 

奇抜になりすぎるって…。

奇抜になっていいかどうかを決めるのは、あなたではなくて、お客でしょう!?

 

セット時も、普段のスタイリングについて聞かれたけれども、やや高圧的な態度で、こちらのスタイリングについて否定。

自分の知識を披露するばかりが先行して、お客の希望を放りだしてしまってる。

 

美容師にとっては、完成したヘアスタイルは一つ一つが作品だと聞いたことがあるけれど、その頭で毎日を過ごすのは、お客本人なんだから、お客のライフスタイルに合わせて、写真で見せたヘアスタイルと実際の希望をイメージで寄せていくってことも、美容師の仕事なんじゃないの?って思った。

まあ、あんな短いカウンセリングではどうにもこうにもならないだろうけれどもね。

 

一応カットと、セット時のスタイリングは、まずまずだったので、文句は言わずに帰ってきたけれど、やっぱり、思うように毛量を減らしてもらえなかったせいか、2週間ぐらいで、もう普段のセットがしづらい状態。

 

カットしたばかりのときは、よかったかもしれないけれど、お客がどのくらいの頻度でカットに来るかの聞き取りをするぐらいなら、その期間は最低持たせられるようなヘアスタイルにしろよって思ってしまう。(ちなみに、1か月ぐらいでカットしている)

 

行ってから、しばらく様子をみてから、色々と書こうと思っていたんだけど、やっぱりダメだったねえ。もうあの店にはいかないかな。

 

ちょっと、今回の店は技術云々よりも、接客のレベルが低ぎてありえなかったなあ。

別に神様扱いされたいわけでもなく、普通に、違和感を感じないような接し方ができればもっと、あのスタイリストは良くなると思うのに。