かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

行きつけの美容院にて危うく死にそうになる。

f:id:bunta1004:20170917230117j:plain

ここ最近、髪を少し伸ばしたくて(とはいっても、ベリーショートがショートになるぐらい)、2か月ぶりぐらいに美容院に行ってきた。

 

ヘアスタイルは、しつこいかもしれないけれど、毎回スマホでしてほしいスタイルの画像を見せてる。

 

一応、毎回違うスタイルの写真を見せているんだけど、だいたい同じような感じになってる…笑

それでも、まあまあ満足のいくスタイルに仕上げてくれているので、まあ、いいかなって感じだ。

 

髪を切り終え、そのあとの洗髪はアシスタントに変わる。アシスタントは、毎回変わっていて、大体いつも新人の子が担当してる気がする。

特に文句も言わないし、めんどくさくない客だから、新人の練習台にされてる?感がちょっとある笑

 

昨日の担当は、20代前半のすらっとした高身長の男の子。前髪系。

顔はサッパリ系の塩顔かな?ここでは高橋一生ということにして、高橋君と呼ぶことにする。

高橋君は、とてもテキパキ話す。

別に口数が多いわけでもないけど、なんとなくベテラン感をだしつつ、必要最低限の質問をしながら、テキパキと動作もこなす。

この子はシャンプー上手いかも?とちょっと思った。

少し早口なのが気になったけどね。

 

シャンプー前に、タオルを首に巻いて、そしてもう一枚なんか水除けみたいのを首に巻いて、そこで「お首は苦しくないですか?」と聞かれた。

べつに特別苦しくもなかったので、「大丈夫です」答えたんだ。

 

その後、椅子が倒れて、洗面台に頭が乗せられた。

ん?なんかちょっと、頭が下過ぎない?なんだか、滑り落ちてしまいそうだ。笑

でもシャンプーなんてすぐに終わるだろうし、この人テキパキやるし。と思って、何も言わなかった。

 

それが、間違いだった。

 

シャンプーをし始めたころは、まだよかったんだ。

でも、だんだんと頭をこするうちに、体重が頭の方にかかってきた。

それと同時に、首元に巻いてあるなんかが、だんだんと引っ張られて、首をしめていく、気がする。汗

やばい…、このままでは呼吸ができなくなる。後頭部のシャンプーで頭を上げたときに唾を飲み込むのがやっとだ

はやく、はやく頭を上げてほしい。息が。

 

なんて思っていたら、体にそうとう力が入っていたんだろうね、

高橋君が「力を抜いてくださいね」の一言。

 

いやあ、そんなことどうでもいいから、さっさとシャンプー終えてくれ!!!

隣の席のおっさんが、訳の分かんない絡みをスタイリストにしてて、いつもなら、心の中でツッコミを入れてるところだけど、今日はそれどころではない…!!!笑

 

そんなことを考えているうちに、椅子が元に戻された。やっと、解放される。

 

起き上がろうとした瞬間、頭がグラングランした。笑

 

やばい、血が完全に頭に下がってきてる。

軽いめまいがした。

 

そのあとのヘアアレンジのことはあまり覚えてない。

乾かし終わったときに、何か言ってやろうかとも思ったんだけど、やめた。

セットするときに、やたらと髪を撫でつけられて、危うく吹きだしそうになったから。笑

 

次回からは、苦しくなりそうな予感がしたら、ちゃんと言うことにする!

キツくなる自分。

f:id:bunta1004:20170914225229j:plain

今の自分。

去年、一昨年、この会社に入る前。

さらにそのずっと前。最初の会社を辞めたころ。

 

そのころと比べると、今の自分はとてもキツくなったなあと思う。

 

性格?周りの人への接し方かな。

 

仕事をしてて、自分のやり方、考えと逆らったことをし続けていると、とてもつらい。

人は、自分の気持ちと違う行動をとると、ものすごくストレスを感じるんだよな。

 

元来、僕は物事の白黒をズバっと決めつけるタイプではない。優柔不断ともいえるけど、なるべく争いごとが起きないようにしたい平和主義。

 

だけど、この仕事ををしていると、どうしてもみんな白黒を付けたがる。ダメなものは頭から否定をするし、気に入らない相手の意見には耳を傾けることすらしない。

 

そういうヤツに自分自身がなりつつあることを、ヒシヒシ感じてる。

 

なんていうか、考え方や物の言い回しも変わってきているし、現に仕事中も、関わりのある人から最近変わったよねと言われることがあった。

 

そういう自分、やっぱり好きになれないや。他人を傷つけてまで、白黒決める必要なんてないし、無関係の人たちを否定することはしたくない。

同僚が言ってる誰かに対する悪口とか、そういうのを聞いてるのが辛いし、外野が口をはさむことでは無いでしょう?と思うことが多々ある。

 

ここにいたら、自分はもっと自分のことを嫌いになる。それは間違いない。

 

数年前。心から愛した彼に初めて会った時。

こんなにも優しくて、他人思いの人がいるんだなと本当に驚いた。

そして心から尊敬した。

その時の気持ち、取り戻せたら。

 

買い物依存症。

f:id:bunta1004:20170910074117j:plain

僕は気持ちが満たされないとき、ある行動に走る。

 

それは、「買い物」だ。

買い物はもとより、お金を使うという行為、それ自体かな。

 

お金を使うって言ったって、散財するほどの収入があるわけでもなく、少ない給料から毎月の決まった額は貯金に回しているし、使える額は限られてる。それでも、ここ最近の散財はひどいものがある。

 

一週間が始まる。

ひどく憂鬱な一週間である。

 

乗りたくない電車。やりたくない仕事。会いたくない同僚。

 

そういう嫌なものに打ち勝つ手段がない。

何もなくて、そのままぶつかったら壊れてしまいそう。

そんな時にスマホを覗くと、そこ夢の世界である。とりあえず、欲しいものを見てまわる。

ネットショップは便利だね。

クレジットカードはとってもすっばらしいものだね!!(某ドラマ風)

お店に行かずとも、欲しいものが手に入る。しかもほとんどの場合、お店で買うより安く。

 

週が始まると、そんな不安やストレスを乗り越えるための買い物をしたくなる。週末に届くように注文をしたら、少し心が満たされる。これでこの辛い一週間を何とか乗り切れるのだ。楽しみがある。

 

週末。

やっと休みになって欲しかったものが届く。もっとも安堵する瞬間。と同時に、次の一週間の幕開けである。ちなみに、一旦手に入れてしまうと、モノ自体にはそれほど興味がなくなることも。

 

新しいものを手に入れて、心の隙間を埋めようとする。

こういうのって、依存症なんだろうなと最近になって、気が付いた。

だって、いくら買い物をしたって、次の一週間が始まるとまた、買い物がしたくなる。

というか、何もないと、辛くて耐えらんない。

 

本当に乗り越えるには、環境を変えるしかないんだろうな。

君はどこにキュンキュンするの?

TBS系 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」オリジナル・サウンドトラック

職場のおばちゃんたちは、テレビ好き。

特にドラマ好きが多いんだけど、ここ最近のドラマ事情はこんな感じ。

 

今期は、「過保護のカホコ」でキュンキュンするチームと、「黒革の手帳」でドロドロするチームとで、二分されている。

内訳としては、自分も含め5人いる部署のメンバー中、3対2でキュンキュンチームの方が多い構図になっている。

 

実はこのチーム分けは、前から続いていて、去年の暮れに「逃げ恥」が流行ったときも同じだった。逃げ恥の何とも言えないイチャイチャ、もどかしい感じに対して萌えてキュンキュンするチームと、いったいこれはなんだ?何を見せられているんだ?みたいなチームに分かれていた。

 

キュンキュンチームは少しキュンキュン度合いが過剰な時があって、たまについていけない。そして、ドロドロチームの「奪い愛、冬」や、黒皮の手帳好きもなんとなくわかる気がする。

でも、中途半端は一番いけない(批判される)ので、今のところはキュンキュンチームでいいかなと思っている。

 

一番困るのは、僕がキュンキュンチームにいるときに、「君は一体、どこにキュンキュンするの?」とか、男目線?女目線?とか、おばちゃん軍団に色々と突っ込まれるときだね。

 

きちんと自己主張をする。

f:id:bunta1004:20170826225452j:plain

ここ最近、またもや仕事中にイライラしてしまうことが続いている。

 

なぜだかわからないんだけど、とにかくイライラしてしまう。

これまではきっと、我慢していたんだろうね。

 

でも、そういうのを続けていることが、最近嫌になった。

 

自らの権利を主張する。

やっていないことはきちんと、否定する。

物事の責任を、むやみやたらに負わない。

 

これまでは、ある程度の妥協をしてきた。

 

自分の責任で起こった誤りでなくとも、責任を感じてた。

でも、本当は心の中でどこか疑問は感じていたんだよな。

 

別に、自分のせいじゃないし。とか、謝っておけばいいんでしょう?とか。

 

そういうのが、つらくなってきたんだよな。

 

なんだか、自分の存在を常に否定されているように感じ始めたから。

 

bunta1004.hatenablog.com

以前は、すぐに謝るっていうのは大事なことだと思ってた。

 

今でも、それが大事なのは変わらないけど、

社会でやってくには、

きちんと自己主張もしなければならないんだと感じる場面が、

最近多くなってきたんだよな。

 

もしかしたら、それだけ責任のある仕事を受ける機会が増えたからかもしれないし、それによって、自分が追い詰められている証拠かもしれないけれど。

 

大学を出て、最初に入った会社で教えられたのは、とにかく責任を投げること。

お客様の書いた書類が絶対である。

たとえ、記載内容が間違っていて、取引が誤った方向へ進んでも、それはお客様の責任である。

 

そういうのがなんとなく、嫌だった。ギスギスした人間同士の争い。

 

今は、そういうのも少しわかるようになったかもしれないけれど。

 

会社で配るお土産。

f:id:bunta1004:20170813224610j:plain

この時期、会社ではお中元という名の贈り物がたくさん。

そして、同僚や上司からの、夏休みのお土産もたくさん。

 

お中元や、お土産。大体は煎餅や洋菓子、缶ジュースであることが多いように思うけど、これって、案外配るのが大変なんだよね

 

僕のところのような、古い体質の会社だと、そういうのを配るのはだいたい事務の女子社員だったりする。

 

そして、それをかって出るのは、大体いつも同じ人だったりする。

そうすると、上司やなんかが、どこそこへ行ってお土産を買ってきたりしても、なんでもかんでも、その人に渡すようになるんだよね。

 

そういう貰い物を配るのって、簡単そうに見えて、実はとてもめんどくさくて、大変なことだな~といつも、思う。(自分はやっていない)

 

まず、個数が足りてるか。

一人、いくつずつ配れるのか。余りはいくつでるのか。

 

つぎに、好き嫌いは大丈夫か。

種類が豊富な菓子折り、あげるほうからしたら、選べる楽しみがあって喜ばれると思ってるだろうけど。選べる分、配るほうからしたら面倒である。

チョコが苦手な人、フルーツが苦手な人…、面倒臭いけど、これを気にしないと、陰口のオンパレードである。

 

そして、封を開けるタイミング。

賞味期限が近いものから開ける?それとも、重要なお客様から来たものから?

 

配る時間も大事。

10時、または15時のおやつ時間に配る?上司のミーティングや外出の時間はさける?

 

別に、誰が何を選ぼうが勝手じゃないか?っていつも思うし、適当に箱開けて置いとけばいいじゃんとか、思うんだけど、そういうのを許さない会社の雰囲気。とても古風。

 

こういうのが本当に面倒臭すぎて、自分がお土産を選ぶときは、まずそういう観点から選ぶようになった。

 

個数がちょうどよいか。

派手に余り過ぎるのもよくない、足らないのはもっとダメ…。

 

だれかの嫌いなものが入っていないか。

 

選ばせるの面倒だから、一種類で個包装になってるもので。

 

賞味期限が長めか。

 

気を遣わせることなく、無難なチョイスか。

変にしゃれたクッキーとか、もらうほうはうれしい反面、そのお返ししなきゃいけないんじゃないかという気持ちになる。

 

こんなことを考えてると、もう休日があってもどこにも行きたくなくなるね…。

休日を楽しむことよりも、休み明けに会社に配る菓子折りのこと気にしだしたら、本末転倒だよなあ。

どうしようもなく、ノンケに「きゅん」としてしまう現象について。

f:id:bunta1004:20170820004918j:plain

この前も書いたんだけど、ここ最近の楽しみは水曜10時のドラマ「過保護のカホコ」をみて、きゅんきゅんすることだ。

 

今流行りの彼、竹内涼真くんに萌えてしまう。どうしようもない。本当に。

 

具体的に彼のどこがいいのかっていうと、なかなか難しいんだけど、

例えば、見た目。

 

1.色黒なのにさわやかなところ。

 

まず、色黒が好みなんだけど、それなのにもかかわらずさわやかなんだよね。

なんていうか、サッカーとかやってる高校生とかを電車の中とかで見たときの感じに似てる。(現に彼はサッカーをやっていたんだけど)

 

2.そして、次に声が良い。

 

歌が上手いことでも有名みたいだけど、純粋にしゃべってる時の声が好きだな。

見た目のさわやかさに反して、なかなか渋くていい声だな~と思う。あんな声で囁かれたらやばいなー。

 

3.癒し系の見た目。

 

とにかくさわやか、そして癒し系の雰囲気。その表情は、まるで子犬のよう。

加えてそれに対する、中身のギャップ。これが彼の最大のアピールポイントではなかろうか。

 

竹内くんの魅力をつらつらと書いてみたけど、要は、ノンケのこういう部分に、惚れてしまうんだなーということなんだよな。ゲイにはなかなかいないタイプと思うし、もしいたら、めちゃくちゃモテるだろうなあ。(…若いゲイとかだったら、案外いたりするのかな?)

 

絶対に手に入らないものだからこそ、気になっちゃうものってあるよね。そんな感じ。

ああ~、もどかしい。

ノンケにきゅんとする現象、やめたいのに、やめられない。とまらない。笑