かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

流される。

f:id:bunta1004:20180820004712j:plain

8月に入ってからというもの、毎日が忙しすぎて、

日々、時間との戦いになっています。汗

 

忙しいといっても、別に仕事のペースが変わったとかそういうわけではなくて、

日常の生活、主にトレーニングや、飼ってる動物の世話だとか、日々の食事、そういうのに追われてるというか。笑

 

時間は作ろうと思えば、作れるってよく言うけれど、

今は、時間を作って何とかやってるけれども、それでも精一杯って感じ。

 

何か新しいことを始めるならば、これまでの何か一つを捨てなきゃいけないって言葉がなんとなく身に染みるような毎日。

 

何か、捨てるのもがあるとすれば、今の自分からは、睡眠時間が失われている…?かなと思います。

 

どれもこれも、やりたいし、やらなければならないことだし。

睡眠だって本当はしなきゃいけないんだけど、どうしても時間がないんだよね。

 

きっと、そのうちどこかを変える必要があると思う。

 

というか、答えは見えてるんだけどね。

平日の3時間。3時間×5日=15時間 15時間×52週=676時間!

 

一年間でおよそ700時間近くを無にしている、通勤時間というものを何とかせねば…。

親には言えない。

f:id:bunta1004:20180729000018j:plain

実は、先週の金曜日から有休をもらい、土日を含めて約1週間、連休をいただいてる最中なのですが、土日の関東地方はなんと台風直撃。泣

 

去年の夏も、なんだかんだで夏休み中に悪天候に見舞われ、ロクな思い出が無かったりするのですが。笑

 

とりあえず台風が来る前の金曜日に、毎年恒例の地元の海へ行ってきました。

波が結構荒れていたので、サーファーはチラホラ…ってかんじだったかな。

 

海の家とかがバンバンあるエリアからは離れているので、割と過ごしやすくてお気に入りの場所だったりします。

 

ところで、こうなにもすることのない(予定のない)休暇ってのは、色々と考えてしまうんですよね。

 

最近、カミングアウトについて、また考えることがあって。

 

僕は地元の友達3人(とはいっても、今も地元にいるのは1人だけ)には打ち明けてあるんだけど、それ以上には広めてない。

 

現状、それ以上の人間に広めるつもりもないんだけど、

もしも打ち明けることができたら、もっともっと楽に生活ができるのかもしれないと

思うことは多々ある。

 

とはいえ、僕の場合は友達って言ったって、その3人ぐらいだし、打ち明けるとしたら、今の会社の同僚と、あとは親、かな。

 

会社の同僚なんて、辞めてしまえばそれまでなのだから、打ち明けてしまってもいいのかなとも思ったりもする。でも、所詮他人なのだから、適当にやり過ごしておけばいいとも思う。

 

そう考えていくと、最終的に悩むのはやっぱり、両親。

 

うちの両親はおそらく、僕に普通の男女がするような結婚を望んでると思う。

孫の顔も見たいし、今はその気がなくとも、いつかは結婚するはずっていう感じかな。

 

何というか、こういう感じが地味に辛い。笑

 

カミングアウトをすることで、傷つけることが分かっているのなら、

わざわざ親の期待を裏切りに行くことはしなくてもよいのでは?って思う。

 

このまま隠し通して(でもそのうち気が付くのだろうが)、淡い期待のままにしておくほうが、親のためかなって。

 

こればっかりは、きっと一生の課題になるのだろうね。

 

2018年上半期によく聞いてた曲5選!【J-POP】

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)

あっという間に、もう7月も半ばに差し掛かり、上半期がとっくに終わってしまいました。笑

というわけで、上半期に気に入ってよく聞いてた曲をいくつか、紹介したいと思います。

 

1.『アイラブユー』西野カナ

youtu.be

なんだかんだ言って、この手の曲を書かせたらピカイチだと思う。

恋をしたときのキラキラ感、思い悩む気持ち。そしてクスっと笑える歌詞。

ミディアムテンポの心地よいメロディーラインは秀逸。

そして、今作のウリはなんとサビも含めて全てがラップ調の歌詞。

って言われると、「確かにそうなってるね」と思うけど、

あえて言われなきゃ気が付かないようなポイントだと思った。

ていうか、今までもこんな感じじゃなかったですかって。笑

 

2.『春が来てぼくら』UNISON SQUARE GARDEN

youtu.be

彼らの曲は、これまで実は聞いたことが無かったけれど、今作は、iTunes Storeで何となく視聴してから、メロディが耳に残って。

ズンズン、盛り上がってく感じのメロディ。

単純と言えばその通りなんだけど、楽曲のテーマ通り、毎日がワクワクドキドキした青春の旅立ちを曲いっぱいで披露してくれる。

とにかくポップで、前向き、明るい、春を感じる楽曲となっている。

 

3.『ギュっと』Little Glee Monster

youtu.be

恋をしているときの、駆け引きって、難しい。

思ってもいないのに、体が勝手に動き出す、感情ではどうしようもない恋心を

女性コーラスグループならではの、軽快で美しい歌声に乗せて歌い上げる、傑作。

とても親しみやすいメロディー、分かりやすい歌詞。

明るい気持ちになれる、春にぴったりの楽曲。

 

4.『春風』家入レオ

youtu.be

前2曲が、出会いの春ならば、こちらは別れの春。

叶わぬ恋を思い続ける切ない気持ちを、心揺さぶるメロディーに乗せて、情感豊かに歌い上げる、家入レオならではの、失恋ソング。

一聴して耳に残るメロディーは、アルバムのリードナンバーにピッタリだった。

抜けるようなポップナンバーもよいが、この手のミディアムバラードもとても似合っている。

 

5.『Lemon』米津玄師

youtu.be

言わずと知れた、2018年ナンバーワンヒットナンバー。

ドラマ「アンナチュラル」主題歌として発売。例にもれず、ドラマのエンディングで耳にして虜になった。

この楽曲、メロディ、歌詞はもちろんのこと、ドラマを見ていれば、倍楽しめる作品となっている。

世界観はバッチリ。

その優しい歌声は、切ない楽曲に微かな希望を与えてくれるようだ。

 

上半期は、明るい楽曲を多く聞いていたように思う。

春や夏って、何となく前向きになりたい季節だから、自ずとそういう曲を選ぶのだと思う。

奇跡。

f:id:bunta1004:20180710000133j:plain

ここ最近、筋トレのモチベーションが高い。

 

食事制限を行って、減量を行ってみたり、はたまた、減量やめて増量モードに変更してみたり、筋トレの強度もこれまでより上げてみたり。新しい種目を追加してみたり。

 

減量と言いながら、体重は減らずに、現状維持。笑

 

でも、食事を見直したことで、なんとなくだけれども、体の変化を感じるようになった。

 

これまでの炭水化物でもなんでも、とにかく食べまくる増量をしていたときよりも、筋肉量の増加を感じてる。

 

それは、周りの誰かによる指摘だったり、筋トレメモを見直したときの扱える重量が伸びているという事実からも分かったりする。

 

あとは、とにかく汗かきになった。笑

 

基礎代謝の向上があったことも大きい。

 

目標とする身体にたどり着くまで、まだまだ時間がかかるけど、なんとなく、未来の野望がちらついている。

 

一つのことを、ずっと続けていけば、きっといいことがあると、当時、塾講師をしていたときに、とある生徒に言ったことがあったけれど、それって、あながち嘘じゃないなと思える。

 

途中、数か月休んだこともあったし、好きな種目しかやってなかった時期もあったけれど、初めて筋トレというものに意識が向いた時からおよそ6年間。

 

6年かけてこれ?って思われるような身体かもしれないけれども、自分の中では大きな進歩だと思ってる。

 

なにしろ、やせ型で食の細い自分が、20kg以上の増量ができたのだから、まさにそれは奇跡だと思ってる。

 

当時の自分には考えもつかないような未来だ。

 

数年後、今の自分に想像できないような新しい自分を手に入れて、昔の自分を見返せたら、きっともっともっと人生は楽しくなるはず。

マンネリな日々。

f:id:bunta1004:20180625005139j:plain

なんとなく、気持ちが乗らない日曜日の夜。

 

いわゆるサザエさん症候群というやつだけど、いつの間にか、月曜日はいつにも増して辛い日が増えてくるようになった。

 

どうしてだろうね。

今の会社に入って、3年が経とうとしているけれど、

最初のころは、時間があっという間に過ぎていて、それこそ、目まぐるしく過ぎていく日々にしがみつくのがやっとだったけれど、その分、「仕事嫌だなぁ」とか、「面倒くさいなあ」とか、そういう気持ちすら湧いてこなかった。

 

最近はと言えば、「アレ、まだ10時?」「やっと昼休憩?」、そして14時過ぎるぐらいに猛烈な眠気、、。やっとこさで一日の業務が終わると、帰ってからの時間はあっという間に過ぎていくんだよな。

 

理由はいくつかあるだろうけれど、

職場が移転して、通勤時間が30分以上早まったことで、疲れが増したってのも一つ。

そして、業務に慣れてしまってマンネリ…ってのがひとつ。

 

何らかの変化が必要。

 

自ら動かなきゃいけないことはわかっている。

短い人生、退屈な時間を過ごしていたら、もったいないからね。

 

やる気の矛先。

f:id:bunta1004:20180623233508j:plain

ここ最近になって、筋トレのモチベーションが上がってきてる。

 

4月に入ってから、減量モードに切り替えようなんて思って、タンパク質を意識して取るようにし始めてから、体重は減るどころか、少し増えて、ここ一か月ぐらいは増えたまんま現状維持。

 

でも、そこまで脂肪が増えた感はないんだよな。

なのでむしろ、減量前より筋肉量増えてきてる?と、少しばかり嬉しかったり。

 

減量したいと思ってたけど、これを機に、これまでのご飯でもパンでも、なんでも喰いまくる食事から、きちんと栄養面で意識した食事へと切り替えていこうかな、なんて思ってる。

 

筋トレをもっともっとやりたいと思ったのは、主にインスタでトップフィジーク選手をフォローし始めたからって言うのもある。

 

トレーニングのやり方、食事法、ポージングとか見てると、とてもモチベーションが上がる。

自分ももっともっと、頑張らねばならぬという気持ちが湧き上がってくるんだよな。

 

別にコンテストに出ようなんて思ってないけど、機会があれば挑戦してみたいという気持ちが少しはあったり、なかったり。笑

 

自分は結構、熱しやすく冷めやすいところがあるけれど、筋トレ自体はかれこれ5年ぐらい続けてる。

途中、長いときは数か月やすんでしまったこともあったけれど、それでもこれまで続けてきた意味は、確かにあったと思うんだよね。

昔のトレーニングノートを見ると、明らかに挙げられる重量は増えてるからね。

 

本当は、このモチベーションを別のことにも向けられたら良いのに…と思うんだけど、。笑

人生、うまくいかんなぁ…。

 

西内まりやがどうしても、惜しい。

 まりやまにあ

 

以前、こんな記事を書いたのだけど。

bunta1004.hatenablog.com

西内まりや、そういえば結局、アルバムを1枚も出さずにいなくなってしまったんだなぁと。

 

シングル自体は7枚リリースしていたわけで、もしかしたらアルバムリリースの予定なんかもあったんじゃないかな、なんて思いながら、

最近リリースされた鈴木愛理のファーストアルバムを聴いている。笑

youtu.be

アップフロント系のアーティストのアルバムを買ったのは初めて。

 

鈴木愛理という名前もほとんど聞いたことがなかった。

 

当然、℃-uteとして活躍してた頃のことも知りませんが、

このアルバムを聴いてる限り、ソロとしてのアーティスト性はあるように思う。

 

そこそこ歌えるし、結構踊れる。

ルックスは甘め、でもクールな雰囲気も出せる。

声は平凡だが、そこは歌唱でカバーできれば良いのでは。

 

どうして今回このアルバムを買ったのかと言えば、たまたま目にしたTVCMと、iTunesのランキングにこの作品が上がっていたから。

 

このアルバムの1曲目のPVをYoutubeで見たときに、なんとなく去年の今頃よく聞いていた、西内まりやのMotionを思い出したんだよな。

(あとは、ちょっとだけ玉置成実がでてきたり…。笑)

 

正直、西内まりやのファーストも聞いてみたかったなあと思う。

 

派手な噂ばかりがクローズアップされて、実際のところがどうなのかは全然わからないけれど、

いつか機会があれば、

ファーストアルバムくらいはリリースさせてあげたらいいんじゃないかなーなんて思ってます。笑

 

Do me a favor(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

Do me a favor(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)