かっこよくありたい。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

西内まりや、次のモーションは…?

【早期購入特典あり】Motion(カードカレンダー付) 

西内まりやの新曲、「Motion」が意外と良いなと思って、最近よく聞いてる。

 

というのも、実はこの人のバラード曲があまり好みじゃなくて、この人の曲を聴くことをずっと避けてきたからだ。この人の英語詩聞くのがちょっと苦手だった;

 

ただ、今回の「Motion」に限って言えば、曲調もダンスも歌詞の世界観も、この人によく合ってるなと思う。

 

この人って、女優で、歌手で、モデルっていういくつもの肩書を持ってる。どれをやっても、そつなくこなすイメージがあるけれど、これといってパッとしないのはなぜだろうね。

 

見た目もかわいくて、美人で、スタイル抜群。若くて、スポーツ万能。歌も歌えて、楽器も弾ける。作詞作曲もできて、さらには演技までできるなんて、こんなに非の打ちどころのない人って、芸能人でも探したってなかなかいないんじゃない?かなと思う。

 

でも、実はその、「なんでもそこそこにできちゃう」っていう、文句のつけようがないってところが弱点だったりするのかなと、思う。

 

モデルをやれば、抜群のスタイルで華があるし、CMに出れば、可愛らしいルックスで目を引くし、ドラマに出れば、そこそこの演技で違和感がないし、歌えば、十分に上手いと思える歌唱力がある。

それでも、特筆する点がないなという意味で、「あれ?この人って本当は何をやってる人?」って感じで、結果イマイチ印象に残らなかったりするね。

それがこの人が「器用貧乏」だなんて言われてしまう理由か。

 

個人的には、やっぱり歌をメインにしてくのがいいと思う。

売れっ子の女優でも、実は歌手として歌を出してた人は意外といたりするけれど、やっぱり女優の○○が歌ってるだけっていう、片手間のイメージがどうしても出来上がってしまうことが多い気がする。けれども、彼女は違う感じなんだよな。

それでも歌手でやってくにしたって、それこそ路線を定めていく必要はあるのかなと思う。これまでに出してきたシングルを見ると、ちょっと歌手という路線の中でも、ブレブレのいかにも模索中ですって感じだから。

 

そういった意味では、今回の新曲「Motion」は、シングル7枚目にして、やっと彼女らしい路線を見つけられたように思ったのだけど、どうだろう?

視聴率の振るわなかったドラマのほうは見てないのでわからないけれども、この曲に限って言えば、人におすすめできる作品だと思う。

 

歌手としての西内まりや、彼女の次のモーションに期待してみたいな、なんて。笑

youtu.be