かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

咳喘息という病気について。

f:id:bunta1004:20180302000321p:plain

持病の喘息。

 

数年前のある時期から数か月間、とにかく咳が止まらなくなって、人と会話をすることもまともにできなくなったことがあった。

 

ただの風邪だと、思っていた。

はじめは、風邪をひいていたこともあって、その延長線上で咳だけが続いてる状態だって思っていた。

確かに、その通りなんだよね。

初めて症状が出たのは、大学4年の冬休みのこと。

もうすぐ卒業って言うのもあって、大学生活最後の冬~春休み期間は割と遊び倒したと思う。

大学のテストが終わったら、まずは友達とスキーに行った。その時に、実は風邪を引いてしまったのだけど、二泊三日で帰ってきた後、その二日後には卒業旅行で、マレーシアに飛んだんだよな。

マレーシアの滞在中ももちろん、風邪は続いてた。その間、だんだんと咳がひどくなって、観光中ものど飴が欠かせなくなっていた。

 

そんなこんなで帰宅後、咳だけが治らない日々が続いた。

その時点で、軽く一か月は経っていたから、これはアカンと思って、かかりつけの内科に行ってみて、そこで初めて「咳喘息」の診断を受けた。

 

吸入薬が効いた!

f:id:bunta1004:20180302000559j:plain

初めて「咳喘息」の診断を受けて、処方されたのは、「アドエアディスカス」という吸入薬。

プラスチックのパッケージに、何回分かの薬がカートリッジ式にセットされていて、レバーを引いて、直接口をつけて吸うタイプ。

即効性はないが、2週間ほど使い続けていた結果、治った。

 

ぶり返す、咳。

f:id:bunta1004:20180302000618j:plain

その時は、咳が治まって安心したのだけど、その後、1年おきに、同じ症状がぶり返した。それも、決まって同じ時期。冬~春先にかけてだった。

 

症状にかかっては、同じ内科にいって、薬をもらう。吸入薬を使用すると、やはり治る。でも、なんで決まってこの時期なんだろう?と思ってた。

 

どうやら、アレルギーと関係がありそう。

実は去年も、12月の終わりから、1月下旬にかけて、約一か月、症状がでてしまった。

例の咳、今回は、「レルベア」という吸入薬を処方された。こちらのほうが、最新の薬らしい。回数は14回分と少ないが、効果的だった。

 

やっぱり今年も、寒い時期にかかったんだよね。

で、僕の場合、通勤時、最寄り駅までを自転車で通っている関係もあって、寒さに触れることになる。寒いと、当然鼻水が垂れる。すると、鼻水がのどの奥に落ちてきて、痰として溜まっていくことになる。それが、ノドの炎症につながるのだと思った。

というのは、咳喘息の症状が出てる時って、特に痰が絡みやすい。キレの悪い痰が、ずっと絡んでいるということに気が付いたんだよな。

あとは、春先と言えば、ザ・花粉シーズン。僕は、花粉症なので、この時期は、鼻水が垂れまくる。

それも原因で、やっぱり、のどに鼻水が落ち込んでくる。

 

対策:冬~春は、なるべく寒さに触れない。

今年、喘息症状が出たときに、もしかして…と思って、レルベアを使いながら、自転車通勤をやめてみたんだ。そうしたら、徐々に痰の量も減ってきた。

つまり、鼻水が垂れなくなる=痰がからまなくなる。よって、ノドの炎症が抑えられた!ってことだと推測した。

 

咳喘息の症状が出てからというもの、この時期は若干恐怖のシーズンとなった。

この時期に咳していると、風邪やインフルエンザと間違われるから。

街でも、職場でもとにかく煙たがられる。

 

でも、これからは、寒さやアレルギー源を意図的に避けることで、症状を抑えられるかも?と思ってる。

 

さいごに、どうしても咳が止まらないときの必需品マイベスト3!

1.龍角散のど飴

咳止めのど飴といえば、これ!

いつも、デスクの引き出しに常備してて、席が出そうになったら、すぐに舐めるようにしている。割とおいしいし、後味もすっきりしていて、気分転換にも良い。

 

2.龍角散ダイレクト

【第3類医薬品】龍角散ダイレクトスティックピーチ 16包

【第3類医薬品】龍角散ダイレクトスティックピーチ 16包

 

去年、初めて知って、使ってみたら、案外よかった。

即効性があるね。顆粒のものを直接口に含むため、直接、のどに作用する。そのうえ、味も悪くて、飲みやすい。水なしで良いのもポイント。

 

3.のどスプレー

【第3類医薬品】浅田飴AZのどスプレーS 30mL

【第3類医薬品】浅田飴AZのどスプレーS 30mL

 

浅田飴ののどスプレーは、いつもカバンに入れている。

とても使いやすいし、これも即効性がある。