かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

休日になると、ほとんど身体が動かなくなる現象。

f:id:bunta1004:20180220232027j:plain

気が付けば、2週間近く更新が開いてしまったのだけど、実はここ最近、休日になると、ほとんど身体が動かないんだよね。

 

全く動けないとか、食欲すらもないとか、そういうわけではないんだけど、どういうわけか、身体がだるいと感じることが多い。

 

まず、朝の目覚めから失敗。

まともな時間に起きられない。

身体が鉛のように重くて、ベッドから起き上がるのもやっとである。

 

起きたら起きたで、何もやる気が起きない。

いわゆる無気力状態ってやつだね。

平日にやりたくてもできなかったこととか、休日だからこそやりたいってこともたくさんあるのにね。

 

この状態って、一体なんだろうね。

 

平日はなんだかんだで乗り切ってしまうので、別に鬱とかそういうわけではないだろうけど。

 

平日の疲れが休日にドッと襲ってくるって感じかなあ。

肉体的な疲れもあるけれど、それよりも精神的なものが大きいかな。

 

ここ最近、会社は荒れ放題。

とにかく従業員の退職が絶えないし、ワンマン社長の鶴の一声で振り回されたり、ゴマすってばっかりの上層部に嫌気がさしたり。

当然のごとく、モチベーションは下がりまくりだしねえ。

 

休日に仕事のことをふっと忘れる瞬間があるんだけれども、そういうとき、仕事って一体なんだろうって考える。

仕事ってモンに人生を支配される必要はないんだって、改めて思える瞬間。

 

働くために生まれてきたわけじゃない。