かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

国によって、淘汰される会社。

f:id:bunta1004:20171003224836g:plain

10月1日、最低賃金の改定。

毎年あるけれど、僕がいる会社のような体力のない中小企業にとっては、これが本当に命取りになる。

 

神奈川県の最低賃金、今年は930円から「26円」アップの956円になった。

時給が26円上がる。

これが一体、何を意味するか。

 

とくに、従業員の半数以上をパートで賄っているような、ウチのような会社にとっては、大打撃だね。

 

というか、もうこれ、本当に潰れちゃうんじゃないか?って思う。

国はこのまま、毎年最賃を上げていって、いずれ「時給1,000円」という時代をめざているらしいね。

 

1,000円とか言ったらさ、もう、ウチみたいな会社じゃ下手したら、正社員と時給換算で並んでしまうんじゃないの?っていうぐらいの金額だよ。

正社員なのに賞与もほぼ無しで、毎年の昇給額だって、パートのほうが高くって、それでいて、責任だけは一端の正社員として負わされたら、たまったもんじゃない。

 

もう、正社員でいるメリットなど、本当になくなってくるね。

 

今後、こういう体力のない会社は、国の政策によってどんどん淘汰されていくのだと思う。

近頃、景気は回復傾向にあり、働き手に対する仕事の数も増えつつあるようだし、いい加減、この会社に見切り付けるべきかなーなんて思ったりする。

ほんとに潰れる前にね。