かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

女性ばかりの職場で、2年間が経ちました。

f:id:bunta1004:20171001223837j:plain

絶賛、OL活動中の、ワタクシ。

 

まあ、こういう性格もあってか、周り女性ばかりの職場で、なんとか、まる2年を迎えることができた。

 

もともと、女性と話すのは好きだし、なんとなく楽だったりする。

だから特別今の会社にきてから、周りが女性(おばちゃん)だらけだからって、もう、やっていけない!!!ってなったことがほとんど、ないんだよな。

(いい男に巡り会えないとか、そういうのは置いといて笑)

 

そんな職場で2年間やってきて、気が付いたことや、その他いろいろ。

書いていこうかなと思う。

 

自己主張をしすぎない。

その職場に入ったばかりなら、みんなそうだろうけど、基本的に自己主張をしすぎないようにする。まったくしないんじゃなくて、意見を求められたらもちろんするし、つねに、どうするべきか考えは持ってるつもり。でも、それをやたらとひけらかすことはしない。

 

しゃべらせておく。

女の人はとにかくおしゃべり好きである。おばちゃんは、特にそうだね。前日のテレビドラマとか、情報番組の占いとか、ヤフーの「あなたへのおすすめ」とか。はたまた、夕飯の献立やら、子供や旦那の話とか。とにかく、話題が尽きない。

自分から何かを話始めなくたって、勝手におしゃべりが始まるから、はじまったら、とりあえず聞き耳を立てる。興味のある内容だったら、とりあえず相槌をうって、頷く。あまり興味がないなら、とりあえず聞き耳だけ。

業務外の雑談だけど、そういうのは大事だと思う。私は、あなたに興味がありますって言うのを示すことで、まずは仲間に入る

 

リーダー格を見つける。

始めはわからないけど、徐々にわかってくる。

この人の意見が通りやすいとか、この人はみんなにいじられるキャラだなとか、この人はちょっと腫れもの系だなーとか。

いち早くリーダー格の人を見つけて、その人の意見に逆らわないようにしてくと、輪になじみやすいように思う。

 

お局様はどこにでもいる。

面白いもので、お局様ってどこにでもいるんだよね。なんていうか、ライオンに例えたら、群れを率いるメスライオンはどの群れにでもいるでしょう?

そして、その群れにいるのは、取り巻きのメスライオンたちと、いざというときに活躍する(予定の)普段はだらしのないオスライオン(メスに対して高圧的でない)。あとは子供たち(守るべき存在)。(←子供たちというポジションになると、とてもやっていきやすい)

女性の職場って、まさにそんな感じだなって思う。それ以外のポジションの人間たちは、群れから外される。

 

女性はいくつになっても、女の子である。

どこかの会社からもらった、お茶菓子の詰め合わせ。

皆に均等に分けて、残った分を食べるのは、いつも女子社員だったりする。そう、女性はいくつになっても女の子。お菓子大好きな、女の子だから。時に、そういう扱いをすることが必要なんだと思う。

 

絶対に、陰口を言わない。

女性だらけの職場では、当たり前のように陰口が言われてる。これは間違いない。

(一人がちょっとトイレに立っただけで、始まったことも…)

だからと言って、それに参加してはダメ。せめて話を振られたときに頷くぐらいにしておく。とりあえずの賛同の意を示しつつ、自ら発信してはダメ。

もしも、陰口を言ってしまったら、自分も同じように言われてると思えってことなんだよな。まさにその通りで。

 

時に、甘える。

「自分は、まだまだ下っ端で知識がありませんので、自信がありません。仕事ができません。」

そういう雰囲気をだすことで、相手より自分は格下ですよっていうアピールをする。そうすることで、相手の立場を精神的に上げる。相手を、「がんばる後輩の良き先輩」にさせると、やっぱり相手もうれしいし、自分も仕事がしやすくなる。

(これは女性の職場に限ったことではないかな)

 

小さな変化に気が付く。

髪を切ったら、聞いてみる。とか、分かりやすい変化だったら、とりあえず反応する。あとは、新作のお菓子とか、飲み物を持ってたら、とりあえず聞いてみる

「それって、新しく出たやつですよね?」

聞かれたら嬉しい。

 

ちょっとした嫌がらせに、過剰に反応しない。

先輩女性社員、特に同じ業務に携わるポジションの人は、基本的にはライバル意識があるもの。それでもうまくやっていく必要があるのだけど、ときどき、嫌がらせをしてくることがある。

具体的に言えば、みんなに配ってるお茶菓子を自分のところにだけ、配り忘れるフリをするとか、業務上の確認をしたときに無反応だったり。

そういうのって、本当はめちゃくちゃ頭にきてしまうけど、イチイチ反応していたら、きりがないから、そういう時は笑ってごまかす完全に無視すると、相手も逆上して、さらに嫌がらせをしたりしてくるから、やっかい

 

主婦であることを尊重する。

仕事をして、家のこともして、子供の世話もして、働く女性は本当に大変だと思う。

頭が上がらない。

だから、主婦トークを始めたときは、あんまり話題に突っ込みすぎないようにすることも大事。何を言っても、やっぱりその分野のプロの話を立てるのは大事だと思うから。

 

まとめ

基本的には、自分が格下ですよ~という行動をとっていれば、とくに目を付けられたりしない

あとは職場のおばちゃんたちの上下関係、交友関係をよく把握しておくと色々と楽だったりする。(部署における役職とか、そういうの以外のポジション)

お局さんのベストパートナーはこの人で、お局がちょっと嫌がらせしてきたときに、そのパートナーを味方につけておけば、案外守られたりとか。

 

色々書いたけど、女性みんながこうだって言うんではなく、人柄もあると思うし、

なんだかんだで、僕の場合は、基本的にはサバサバしてて、自立した仕事のできる女性たちに囲まれて、幸せな2年間だったな~とは思っています