かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

どうしようもなく、ノンケに「きゅん」としてしまう現象について。

f:id:bunta1004:20170820004918j:plain

この前も書いたんだけど、ここ最近の楽しみは水曜10時のドラマ「過保護のカホコ」をみて、きゅんきゅんすることだ。

 

今流行りの彼、竹内涼真くんに萌えてしまう。どうしようもない。本当に。

 

具体的に彼のどこがいいのかっていうと、なかなか難しいんだけど、

例えば、見た目。

 

1.色黒なのにさわやかなところ。

 

まず、色黒が好みなんだけど、それなのにもかかわらずさわやかなんだよね。

なんていうか、サッカーとかやってる高校生とかを電車の中とかで見たときの感じに似てる。(現に彼はサッカーをやっていたんだけど)

 

2.そして、次に声が良い。

 

歌が上手いことでも有名みたいだけど、純粋にしゃべってる時の声が好きだな。

見た目のさわやかさに反して、なかなか渋くていい声だな~と思う。あんな声で囁かれたらやばいなー。

 

3.癒し系の見た目。

 

とにかくさわやか、そして癒し系の雰囲気。その表情は、まるで子犬のよう。

加えてそれに対する、中身のギャップ。これが彼の最大のアピールポイントではなかろうか。

 

竹内くんの魅力をつらつらと書いてみたけど、要は、ノンケのこういう部分に、惚れてしまうんだなーということなんだよな。ゲイにはなかなかいないタイプと思うし、もしいたら、めちゃくちゃモテるだろうなあ。(…若いゲイとかだったら、案外いたりするのかな?)

 

絶対に手に入らないものだからこそ、気になっちゃうものってあるよね。そんな感じ。

ああ~、もどかしい。

ノンケにきゅんとする現象、やめたいのに、やめられない。とまらない。笑