かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

BoAオススメ楽曲10選【マイナー楽曲編】後半

MADE IN TWENTY(20)(DVD付)

BoAのシングルカットされていない楽曲の中で、特におすすめの楽曲紹介。10曲中、後半の5曲です。

bunta1004.hatenablog.com

 ↑前半はこちら。

 

6.First snow(2005.12)

【配信限定AL「Merry Christmas from BoA」・4thAL「OUTGROW」収録】

youtu.be

ヒットシングル「メリクリ」がリリースされたその翌年、同じく冬にウィンターソングアルバムとして配信限定でリリースされた「Merry Christmas from BoA」にリードナンバーとして収録されていた楽曲。メリクリが泣きのバラードであるのに対し、こちらは心温まるハートウォーミングなバラードに仕上がっている。歌詞の最後に韓国語の歌詞が入るのが印象的。

 

7.Candle Lights(2006.11)

【22thSingle「Winter Love」・5thAL「MADE IN TWENTY(20)」収録】

youtu.be

バラードシングル「Winter Love」のカップリング曲。こちらも冬のクリスマス前にリリースされた楽曲の一つで、クリスマスライブで披露された。サビでは、美しいファルセットを堪能できる大人っぽいバラード曲。

 

8.AGRESSIVE(2008.2)

【6thAL「THE FACE」収録】

youtu.be

6thAL「THE FACE」収録のアップテンポナンバー。

アルバムの一曲目ということもあり、とても攻めている。

↑のライブでは、ダンスナンバー「抱きしめる」のあとに披露され、盛り上がりのピークを迎えるにふさわしいパフォーマンスとなっている。

 

9.Happy Birthday(2008.2)

【6thAL「THE FACE」収録】

youtu.be

同じく、6thAL「THE FACE」より。こちらは、ミディアムテンポのポップナンバー。

↑のライブでは、ファルセットの伸びが素晴らしく、とても完成度の高い歌唱。

 

10.Right Here, Right Everywhere(2017.7)

【配信限定シングル】

youtu.be

現時点での最新作。配信限定シングル。

ピアノの旋律が美しいシンプルなバラード。ここ最近のBoAのバラードというと、バックに壮大なバンドが構えているようなものよりも、こういう歌をメインにした楽曲が多くなった気がする。日本語の発音、そして歌唱力に自信がついてきたことの裏返しでもあるのかな。

 

以上、10曲。

もちろん、僕個人の好みもあるし、もっといい曲あるよ!という人もいると思うのだけど、今回はこの10曲という結果になりました。

この記事を書くにあたり、BoAの曲を改めて聞き直してみて、やっぱり、この人はアルバム曲のほうがいい曲多いなと思いました。笑

BoAといえば、「VALENTI」のようにバキバキに踊りまくるのをイメージしがちだけれども、ふたを開ければ、実はバラード曲のほうが良曲に恵まれていたりする。そして、ライブでのパフォーマンスもダンス曲よりもバラード曲のほうが多かったりすることもあるぐらい。

近頃は日本での活動が落ち着いてきているけれども、また日本でもアルバム出したりして、名バラードを聞かせてくれる日が来るといいな、なんて。