かっこよくありたい。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

担当の美容師さんとうまくいかない。

f:id:bunta1004:20170203201647j:plain

担当の男性美容師さんとうまくいかない。

 

いや、腕が悪いわけではないんだよな。むしろ、仕上がりは満足してるし、切り終わって鏡を見せられた時に、ここのところをもう少し…とか言ったら、ちゃんとその通りにやってもらえるので、ありがたいと思っている。

 

そうなんだけど、なんとなく空気が重苦しい。笑

 

美容師の人たちって、技術はもちろんだけど、それと同じぐらいお客さんへの対応力が優れてるし鍛えられてる人たちが多いっていうイメージがある。

だから、初めてのお客さんが来たときは、その人がおしゃべり好きなタイプなのか、そうではないのかを見極めながら、その後の対応に生かしてるんだと思う。

 

僕が色々あって、今の美容院に通いだしたのは去年の夏ぐらいからなんだけど、はじめの頃は、結構しゃべってたんだよね。でもここ最近は、だんまり。笑

 

確かに、僕もおしゃべり好きなタイプではないし、あれやこれやと詮索されるのも苦手ないので、しゃべらないならそれはそれでいいんだけど、まったくの会話無しっていうのも、すごく気を使うのだなと思った。

 

美容師さんとの関係って難しいなと思う。月に1度、年に12回会うかどうか分からない、なおかつ長くても1時間~1時間半(僕の場合は)の時間で、付かず離れずの当たり障りのない関係を維持しなきゃいけない。

 

美容師側としたら、そんな中でお客さんの希望に沿ったスタイルに外見を仕上げなきゃいけない。

お客さんなんて、毎日山ほど来るんだろうけど、それでも美容院はそこら中にあるわけだから、休みも少なく、毎日あくせく働いて、近所の店とお客の取り合いをしなきゃいけないし、きっとすごいストレスなんだろうなと思う。僕からしたら、ものすごいことをやり遂げてるなって感じる。自分には無理だろうな。笑

 

今の美容院。担当の方の技術が安定してるので通い続けてるけど、今の人もまたいつ辞めたり、異動したりするかも分からないから、ある程度色々な美容院に行って、新しいところを見つけておくのもいいかもなと思った。