かっこよくありたい。

かっこよくありたい。

毎日を楽しく生きたい。20代ゲイが、雑多に日常をつづるブログ。

カミングアウトのこと。

f:id:bunta1004:20160313210216j:plain

僕は、いわゆるコッチの友だちが、ほぼいません。

 

コッチの世界へ足を踏み入れたのが遅かった、というのもありますが、

アプリで会っても、何回かで縁が切れるみたいな。よくありがち?なのかは分かりませんが、そんな感じです。

 

でも、カミングアウトしてる人はいるんです。

 

それは高校時代からの、3人の友人(もちろんノンケ)でした。

 

カミングアウト、別にしなくたって良いとは思うんですが、正直、疲れてしまったというのもある。

 

ノンケなら、アダルトの話で盛り上がったり。そういう話を振られたり。そういうのに、今まではなんとなく、話をあわせたりしていたところもあったのだけど。

 

果たして僕は、この長い付き合いの友人たちにすら、一生嘘をつき続けて生きていかなきゃいけないのかな?って。

 

カミングアウトをしたのは、実は、ほんの数年前。

大学を出て、社会に出てから2年目のことでした。

 

結果、友人たちは、みんな驚いていました。

(それだけ、うまくごまかせていたのかしら?笑)

 

3人のうち、一番長い付き合いの友人については、ショックだったとすら言っていました。

 

そうなんですよね。一度、そうしてしまえば、言った側としては楽になるんだけど、それを受け止める側が、今度は辛くなるんだね。

 

痛み分け、じゃないけれど、僕はあまり、言われた方の気持ちを考えていなかったなあ。